ホーム>Linux>Flatpakを使ってUbuntuにChromeをインストールする
🎁

Flatpakを使ってUbuntuにChromeをインストールする

はじめに

私が普段使っているブラウザはFirefoxなのですが、グリーンチャンネルWebで香港国際競走を見ようとしたらなんとFirefoxに対応してませんでした!!これは大変だ!ということで、急遽レース開始の7分前くらいにChromeをインストールすることになったのですが、結構戸惑ったのでメモを残しておきます。

実施環境

  • Kubuntu 22.04.1 (KubuntuとUbuntuはほぼ同じ)
  • Linux 5.15
  • ThinkPad X1 Carbon Gen10

Flatpakでインストール

Google公式からdebファイルを落としてインストールすることもできたらしいのですが、Snap版Firefoxの仕様でなぜかダウンロードリンクが表示されなかったので、Flatpakでインストールすることにしました。

Flatpakを導入しよう

まずはFlatpakを導入します。インストールのコマンドはこれです。

sudo apt install flatpak
flatpak remote-add --if-not-exists flathub https://flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo

実行し終わったら、念の為再起動しておきます。

Chromeをインストールする

それでは、Chromeをインストールしていきます。下のコマンドでChromeをインストールしていきます。

flatpak install flathub com.google.Chrome

インストールには少し時間がかかるので焦らず待ちましょう。インストールが終わったらどっかに追加されているはずです。これで競馬が見れますね!!あれもうレースはじまってる…

まとめ

ということで、今回はChromeをインストールしてみました!他にもFlatpakでいろいろなソフトをインストールできるのでぜひ使ってみてください。ソフトウェアについてはここから見れます!https://flathub.org/home

それではさようならー!!

About

Sandyマンのうまのアイコン

Sandyマン

趣味的にブログをやったり開発をしてる暇人。JavaScriptやPythonについての記事を書いたりしています。