ホーム>Directus>VPSのUbuntuでDirectusをホスティングしたときのメモ
📄

VPSのUbuntuでDirectusをホスティングしたときのメモ

皆さんこんにちは!Sandyマンです。

先日、当ブログのコンテンツ管理をマークダウン+Gitから、ヘッドレスCMSの「Directus」へ移行してみました。Ubuntuでセルフホスティングして運用しているのですが、その際に日本語の情報がほとんどなかったので、軽く記録を残しておきます…。

参考サイト

基本的には公式の通りに実施すれば大丈夫でした。一番上の記事はUbuntu Serverが対象のものですが、Ubuntuでも問題なく進めることができました。

docker-compose.ymlの設定

docker-compose.ymlの設定内容が、サイトによって結構違ったので少し悩みました。最終的には以下のようにしました。

version: '3'
services:
db:
image: postgis/postgis:13-master
container_name: postgres
ports:
- 5432:5432
volumes:
- db-store:/var/lib/postgresql/data
environment:
POSTGRES_PASSWORD: 'postgres'
POSTGRES_USER: 'postgres'
POSTGRES_DB: 'postgres'
cache:
image: redis:6
directus:
image: directus/directus:latest
ports:
- 8055:8055
volumes:
- ./extensions:/directus/extensions
depends_on:
- db
- cache
environment:
KEY: "hogehogehogehoge"
SECRET: "fugafugafugafuga"
ADMIN_EMAIL: "admin@example.com"
ADMIN_PASSWORD: "d1r3ctu5"
DB_CLIENT: 'pg'
DB_HOST: 'db'
DB_PORT: '5432'
DB_DATABASE: 'postgres'
DB_USER: 'postgres'
DB_PASSWORD: 'postgres'
STORAGE_LOCATIONS: 'supabase'
STORAGE_SUPABASE_DRIVER: 'supabase'
STORAGE_SUPABASE_SERVICE_ROLE: 'service_role'
STORAGE_SUPABASE_BUCKET: 'Directus'
STORAGE_SUPABASE_PROJECT_ID: 'project_id'
MAX_PAYLOAD_SIZE: '10mb'
FILES_MAX_UPLOAD_SIZE: '10mb'
WEBSOCKETS_ENABLED: 'true'
CACHE_ENABLED: 'true'
CACHE_STORE: 'redis'
REDIS: 'redis://cache:6379'
EXTENSIONS_AUTO_RELOAD: 'true'
CACHE_AUTO_PURGE: 'true'
EMAIL_FROM: ''aaaaa@aaaaa.com'
EMAIL_TRANSPORT: 'smtp'
EMAIL_SMTP_HOST: 'xxxxxx.aaaaa.com'
EMAIL_SMTP_PORT: 'xxx'
EMAIL_SMTP_USER: 'xxxxxxxx@xxxxx.com'
EMAIL_SMTP_PASSWORD: 'piyopiyo'
volumes:
db-store:

ファイルストレージにはSupabaseを利用してみました。今のところ、私の環境ではこれでしっかり動いています。

MAX_PAYLOAD_SIZE: '10mb'
FILES_MAX_UPLOAD_SIZE: '10mb'

の部分ですが、これを書いておかないと容量の大きい画像ファイルがアップロードできないので注意してください。

Emailのところは、パスワードを忘れた際の再設定などに必要です。

まとめ

ということで、Directusをインストールしたときのメモでした。少しでも参考になると嬉しいです。それでは!

About

Sandyマンのうまのアイコン

Sandyマン

趣味的にブログをやったり開発をしてる暇人。JavaScriptやPythonについての記事を書いたりしています。